文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

ここからコンテンツ情報

お知らせ

「お知らせ」では、ポーラ伝統文化振興財団の最新情報や顕彰・事業などポーラ賞関係者の展覧会・イベント情報をお伝えします。 既に終了した事業の報告は「伝統文化レポート」で、伝統文化を身近にお届けする読み物は「伝統文化通信」でお届けしますので、ぜひご覧下さいませ。

2020年10月01日

 

古典の日でもある11月1日に、渋谷区文化総合センター大和田では、開設10周年を記念して「渋谷金王丸伝説」が公演されます。

主演の十代目松本幸四郎さん、共演の尾上菊之丞さん、尾上京さん、松田美瑠さんと渋谷区民の皆さんによる新たな〈伝統藝能の形〉をご覧いただける本公演ですが、コロナ禍により多くの文化事業が中止になる中、‟文化の継続”を選択し、出来得る感染対策を実施しての開催となりました。

ご興味のある方は下記URLより詳細をご覧ください。

2385_001
2384_001

日時:11月1日(日)18:30開演 ※開演1時間前より受付・開場

場所:【東京】渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール(6階)

全席指定:¥4,000(高校生以下:¥1,000)

渋谷区民:¥3,000(高校生以下:¥500)

10月17日(土)10時チケット電話予約開始

【チケットお申込み】

渋谷区文化総合センター大和田(3F)ホール事務室

TEL:03-3464-3252(受付時間10:00-17:00)

 

詳しくは下記ホームページをご覧ください。

https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_l/2018/1996.html?lan=j

 

2020年09月18日

 

 第32回 伝統文化ポーラ賞 奨励賞を受賞された、鈴木 徹先生の個展、「鈴木徹作陶展 萌生Ⅱ」が9月23日水曜日より、日本橋三越本店本館6階 美術特選画廊にて開催されます。

 釉薬の濃淡や、模様の強弱に合わせ緑釉を使い分ける、繊細な技術によって表現される草木の息吹。

 自然の持つ力強さや、神秘的な魅力を源泉に生み出される作品は、歴史と伝統のある美濃焼、「織部」に新たな萌しを映し出します。

 鈴木先生のたゆまぬ探求と、挑戦の結晶にご注目ください。

 詳細は下記URLよりご覧いただけます。

 

Resized 緑釉花器

    「緑釉花器」     

      ※写真ご提供:鈴木 徹先生

 

Resized 萌生

「萌生」

※写真ご提供:鈴木 徹先生

 

◇日時:2020年9月23日(水) ~ 2020年9月28日(月)

    ※最終日は午後5時閉場

◇場所:【東京】日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊

◇詳しくは下記ホームページをご覧ください。

https://www.mitsukoshi.mistore.jp

/nihombashi/shops/art/art/shopnews_list/shopnews0364.html

 

2020年09月15日

 

 第67回 日本伝統工芸展が9月16日水曜日より、日本橋三越本店
本館7階 催物会場にて開催されます。

 国内最大規模の公募展であるこの展覧会は、一年に一度、日本各地を旅する「一期一会」。陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・諸工芸の7部門における、選りすぐりの傑作が一堂に集結する様は正に圧巻の一言です。

 また、東京会場(日本橋三越本店)・名古屋会場(名古屋栄三越)では、第35回 伝統文化ポーラ賞 奨励賞受賞者、山本茜先生の入選作品 截金硝子盛器「かささぎの橋」をご覧いただけます。
 星空を思わせる深い瑠璃色の硝子と、天の川の水が波打つように重ねられた水色の硝子が、幻想的な情景を雅に表現しています。繊細かつ優美な世界観をぜひお楽しみください。

 詳細は下記URLよりご覧いただけます。

第67回日本伝統工芸展チラシ表

第67回日本伝統工芸展チラシ裏

 

◇日時:2020年9月16日(水) ~ 2020年9月28日(月)
    午前10時~午後7時 ※最終日は午後6時閉場

◇場所:【東京】日本橋三越本店 本館7階 催物会場

◇入場無料

◇詳しくは下記ホームページをご覧ください。

https://www.mistore.jp/

shopping/event/nihombashi_e/dentoukougei_50

 

◇他会場開催スケジュールはこちらからご確認ください。

 

2020年09月08日

 

 第37回 伝統文化ポーラ賞 優秀賞を受賞された、前田正博先生の個展が9月16日水曜日より、日本橋三越本店本館6階 美術特選画廊にて開催されます。

 「洋絵具」の塗布・上絵焼成を繰り返す丹念な彩色技法と、緻密な計算によって創り上げられる、前田正博先生の作品は、圧倒的な存在感と造形美を放ち、奥深い色絵磁器の世界観を展開します。
 伝統的な陶芸を基本に据えながら、新たな表現、新たな色絵磁器の可能性を貪欲に追求し続ける、前田正博先生の高感性造形の集大成をどうぞお見逃しなく。

 また、今回初めてのお披露目となる新作にもご注目ください。

 下記URLより詳細をご覧いただけます。

 

Resized 色絵洋彩 花入れ「色絵洋彩 花入れ」
※第37回伝統文化ポーラ賞授賞式に撮影した写真を使用しています。

 

Resized 色絵洋彩 皿「色絵洋彩 皿」
※第37回伝統文化ポーラ賞授賞式に撮影した写真を使用しています。

 

◇日時:2020年9月16日(水) ~ 2020年9月21日(月·祝)
    ※最終日は午後5時閉場

◇場所:【東京】日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊

◇詳しくは下記ホームページをご覧ください。

https://www.mitsukoshi.mistore.jp/

nihombashi/shops/art/art/shopnews_list/shopnews0362.html

 

2020年08月18日

令和2年度、第40回『伝統文化ポーラ賞』の受賞者を決定いたしました。
今年は優秀賞2件、奨励賞1件、地域賞5件、合計8件を表彰いたします。
『伝統文化ポーラ賞』は、伝統工芸技術、伝統芸能、民俗芸能・行事など
無形の伝統文化の分野で貢献され、今後も活躍が期待できる個人や団体に対し、
更なる活躍と業績の向上を奨励することを目的としています。
昭和56年(1981)の第1回から今年で延べ328名の受賞者の方が受賞されることになります。
本年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、贈呈式は中止とさせていただきました。
何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。


【令和2年度 第40回伝統文化ポーラ賞 受賞者】

◆伝統文化ポーラ賞 優秀賞

 山階 彌右衛門 「能楽の伝承・振興」 (東京都)
 西 勝廣 「沈金の伝承・制作」 (石川県)

◆伝統文化ポーラ賞 奨励賞

 杵屋 利光 「長唄の伝承・振興」 (東京都)

◆伝統文化ポーラ賞 地域賞

 会津漆器協同組合 「会津漆器の伝承・振興」 (福島県)
 大子漆保存会 「大子漆の保存・伝承」 (茨城県)
 天王寺楽所 雅亮会 「雅楽の保存・伝承」 (大阪府)
 田中製紙工業所 田中敏弘 「手漉和紙の保存・伝承」 (京都府)
 椎葉神楽保存連合会 「神楽の保存・伝承」 (宮崎県)

                              以上 ※敬称略

※過去の伝統文化ポーラ賞受賞者はこちら
http://www.polaculture.or.jp/promotion/year.html

※第40回伝統文化ポーラ賞受賞者詳細はこちら
第40回伝統文化ポーラ賞 リリースをダウンロード">



  • ページトップへ戻る