文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

ここからコンテンツ情報

お知らせ

「お知らせ」では、ポーラ伝統文化振興財団の最新情報や顕彰・事業などポーラ賞関係者の展覧会・イベント情報をお伝えします。 既に終了した事業の報告は「伝統文化レポート」で、伝統文化を身近にお届けする読み物は「伝統文化通信」でお届けしますので、ぜひご覧下さいませ。

2019年12月12日

【 ポーラ伝統文化振興財団設立40周年のご挨拶 】

第1回伝統文化ポーラ賞贈呈式

2019年12月12日、公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団は設立40周年を迎えました。
弊財団は、ポーラ・オルビスグループの創業50周年を機に、豊かな社会と文化の向上に寄与するために設立されました。以来、長年にわたり日本の優れた伝統工芸、伝統芸能、民俗芸能など無形の伝統文化を対象に、その保存・伝承・振興を行う道を歩んでいます。そして、これからも更なる日本の文化と芸術の振興・発信に寄与してまいります。
また、設立40周年の記念事業として、記念展覧会「無形にふれる」をはじめ、伝統文化をお楽しみいただける多彩な催しを企画しておりますので、ご期待くださいませ。

※ポーラ伝統文化振興財団40周年記念展「無形にふれる」特別サイトはこちら
 https://www.mukei.art/

※写真は、第1回伝統文化ポーラ賞大賞受賞の平良敏子さん(染織・芭蕉布/沖縄県)

2019年10月31日

◆第39回伝統文化ポーラ賞贈呈式 開催報告◆

令和元年10月29日(火)グランドプリンスホテル高輪にて、 第39回伝統文化ポーラ賞贈呈式を
開催いたしました。
伝統文化ポーラ賞は、日本の貴重な伝統文化の継承に尽力され、優れた功績をあげられた方の
さらなる発展を奨励するものです。今回は伝統工芸、伝統芸能、民俗芸能・行事の各分野から、
優秀賞2件、奨励賞2件、地域賞4件の合計8件を顕彰しました。贈呈式には300名近くの文化関係
者、報道関係者にお越しいただき、受賞者の功績を讃えました。 

DSCF4608

受賞者のみなさま

第1部の贈呈式では、文化庁長官の宮田亮平様より来賓挨拶を頂戴し、それから受賞者の紹介映像
の上映、各賞の贈呈を執り行いました。
伝統文化ポーラ賞では正賞として八稜鏡をお贈りし、卓越したわざにやどる美の精神をうつしだし、
今度も伝統文化の美しさと向き合っていただきたいという弊財団の願いを受賞者に託しました。

DSCF4879

小西理事長より賞贈呈
(奨励賞 見附正康さん)

DSCF4960

受賞者代表挨拶
(優秀賞 竹本越孝さん)

続く、第2部の受賞記念の催しでは、伝統芸能・民俗芸能部門の受賞者にご協力いただき、祝いの舞台
をご披露していただきました。
最初の演目では、地域賞受賞の横仙歌舞伎保存会より、こども役者のかわいらしくも、熱のこもった
演技の光る舞台映像を上映し、保存会の寺坂信也さんから今後の抱負を語っていただきました。
次の演目は、奨励賞受賞の川瀬露秋さんによる地歌箏曲「松竹梅」。川瀬露秋さんの胡弓に、藤井泰和
さんの三味線、福田栄香さんの箏も加わり、その華やかで見事な三幅対の音色で、会場を魅了しました。
最後の演目は、優秀賞受賞の竹本越孝さんの義太夫節「近頃河原達引」堀川猿廻しの段。お俊と伝兵衛、
彼らを取り巻く人々の想いや情景を鮮やかに描き出す圧巻の語りで、舞台の最後を締めくくりました。

DSCF5022

地歌箏曲「松竹梅」
(奨励賞 川瀬露秋さん)

DSCF5065


義太夫節「近頃河原達引」堀川猿廻しの段(優秀賞 竹本越孝さん)

また、工芸部門受賞者の作品や関連資料を展示させていただき、卓越したわざと美意識が生み出す素晴らしい
作品の数々を間近にご覧いただきました。

DSCF4715


竹工芸作品(優秀賞 藤塚松星さん)

DSCF4690川尻筆(地域賞 畑義幸さん)

DSCF4563


原方刺し子(地域賞 遠藤きよ子さん)

DSCF4724九谷赤絵作品(奨励賞 見附正康さん)

DSCF5006


女流義太夫研究(地域賞 水野悠子さん)

DSCF5001



横仙歌舞伎(地域賞 横仙歌舞伎保存会)

贈呈式後には懇親会も開催し、お祝いムードの中で歓談が行われ、盛会のうちに贈呈式を
終えることができました。

弊財団では、今後も日本の伝統文化を支える方々とともに、伝統文化を未来につなぐため
の活動に力を尽くしてまいります。


※ 本年度受賞者の詳細はこちら
※ 伝統文化ポーラ賞についてはこちら
※ これまでの伝統文化ポーラ賞受賞者の紹介はこちら

 

2019年08月07日

令和元年度、第39回『伝統文化ポーラ賞』の受賞者を決定いたしました。
今年は優秀賞2件、奨励賞2件、地域賞4件、合計8件を表彰いたします。
『伝統文化ポーラ賞』は、伝統工芸技術、伝統芸能、民俗芸能・行事など
無形の伝統文化の分野で貢献され、今後も活躍が期待できる個人や団体に対し、
更なる活躍と業績の向上を奨励することを目的としています。
昭和56年(1981)の第1回から今年で延べ320名の受賞者の方が受賞されることになります。
贈呈式は、10月29日(火)、グランドプリンスホテル高輪にて執り行う予定です。


【令和元年度 第39回伝統文化ポーラ賞 受賞者】

◆伝統文化ポーラ賞 優秀賞

藤塚 松星     「竹工芸の制作・伝承」            (神奈川県)

竹本 越孝     「女流義太夫節の伝承・振興」       (東京都)
 


◆伝統文化ポーラ賞 奨励賞

見附 正康     「九谷赤絵の制作」              (石川県)

川瀬 露秋     「地歌箏曲・胡弓の伝承・振興」      (東京都)


◆伝統文化ポーラ賞 地域賞

遠藤 きよ子    「原方刺し子の制作・伝承」        (山形県)

水野 悠子     「女流義太夫の研究・振興」        (東京都)

畑 義幸       「川尻筆の制作・伝承」            (広島県)

横仙歌舞伎保存会  「横仙歌舞伎の保存・伝承」      (岡山県)

                                    以上 ※敬称略

※過去の伝統文化ポーラ賞受賞者はこちら
http://www.polaculture.or.jp/promotion/year.html

※第39回伝統文化ポーラ賞受賞者詳細はこちら
令和元年度第39回『伝統文化ポーラ賞』ニュースリリースをダウンロード

2019年08月06日

            夏季休業のお知らせ

拝啓 時下ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、弊財団は8月10日(土)~ 8月18日(日)まで夏季休業とさせていただきます。
 
お客様にはご不便をおかけ致しますが、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

 今後とも変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。 
                                                  敬具

2019年07月28日

 

【お知らせ】

台風6号の影響が心配されておりました、「鬼と仏、西洋から日本へのまなざし」につきましては、予定通り開催致します。

とても気温が上がるとの予報も出ておりますので、熱中症などにくれぐれもお気をつけていらしてください。

皆様のお越しを、財団一同、お待ち申し上げております。

IMG_4201



  • ページトップへ戻る