文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

ここからコンテンツ情報

お知らせ

「お知らせ」では、ポーラ伝統文化振興財団の最新情報や顕彰・事業などポーラ賞関係者の展覧会・イベント情報をお伝えします。 既に終了した事業の報告は「伝統文化レポート」で、伝統文化を身近にお届けする読み物は「伝統文化通信」でお届けしますので、ぜひご覧下さいませ。

2018年10月25日

 

◆第38回伝統文化ポーラ賞贈呈式 開催報告◆

平成30年10月23日(火)グランドプリンスホテル高輪にて、
第38回伝統文化ポーラ賞贈呈式を執り行いました。

伝統文化ポーラ賞は、日本の貴重な伝統文化の継承に尽力され、優れた功績をあげられた方の
さらなる発展を奨励するものです。本年も伝統工芸、伝統芸能、民俗芸能・行事の各分野から、
優秀賞2件、奨励賞1件、地域賞5件の合計8件を顕彰しました。
今年は300名以上の文化関係者、報道関係者にお越しいただき、受賞者の功績を讃えました。 

  DSC_6339a

受賞者のみなさま

第1部の贈呈式では受賞者ごとに紹介映像上映と賞の贈呈を行いました。
また、受賞者代表として桐竹勘十郎さんよりご挨拶をいただきました。

 

DSC_6340a

小西理事長より賞贈呈
(優秀賞 松原伸生さん)

 

DSC_6177a

受賞者挨拶
(優秀賞 三世 桐竹勘十郎さん)

第2部の受賞記念の催しでは、芸能・民俗芸能部門受賞者にご披露いただきました。

まずは、福野夜高保存会さんの力強く響く太鼓から始まり
中尾獅子浮立と唐子踊保存会さんの獅子踊が場を盛り上げます。
続いて阪口純久さんへのお祝いのメッセージをご紹介し、ご本人から受賞のご挨拶をいただきました。
最後は三世 桐竹勘十郎さんによる人形浄瑠璃、「義経千本桜 渡海屋の段」を遣われました。
その姿はまさに圧巻、会場全体が釘付けになる演技をご披露いただきました。

DSC_6952a

三世 桐竹勘十郎さん

「義経千本桜 渡海屋の段」より知盛出立の場面

幕間には作品展示ブースが賑わいをみせ、各々作品の世界を楽しまれている様子でした。

 DSC_6382a

松原伸生さん「長板中形」

贈呈式後の懇親会では、各受賞者の挨拶の後、華やかなお祝いムードの中で歓談が行われ、
盛会のうちに贈呈式を終えることができました。

弊財団では、今後も日本の伝統文化の第一線で活躍される方々とともに、
伝統文化を未来につなぐための活動に尽力してまいります。


※ 本年度受賞者の詳細はこちら
※ 伝統文化ポーラ賞についてはこちら
※ これまでの伝統文化ポーラ賞受賞者の紹介はこちら

 

2018年09月14日

 9月19日(水)から10月1日(月)まで、日本橋三越本店で、第65回日本伝統工芸展が開催
されます。
 日本伝統工芸展は、国内最大級の工芸公募展で、陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・
諸工芸の7部門に分かれて、毎年作品を募集しているものです。
 本展には弊財団も協賛しており、これまでに伝統文化ポーラ賞を受賞された先生方の作
品を数多くご覧いただくことができます。
 文化芸術の秋、日本の伝統工芸を代表する先生方の作品にふれ、日本の伝統文化の奥
深さ、卓越した手わざによる美の世界を感じてみてはいかがでしょうか。

0510_001-2

■ 第65回 日本伝統工芸展
会場: 日本橋三越本店 本館・新館7階催物会場(入場無料)
会期: 9月19日(水)~10月1日(月)
          午前10時~午後7時(最終日は午後6時まで)
詳細はこちら
日本橋三越本店アクセスはこちら

■ ご覧いただける伝統文化ポーラ賞受賞者の作品
(※ここでは過去5年間の受賞者までご紹介させていただきます。 ※敬称略)
第38回優秀賞 松原伸生 (染織)長板中形着物「菱松文」
第38回奨励賞 髙月國光 (木竹工)楓造鉢
第37回優秀賞 前田正博 (陶芸)色絵洋彩壺
第37回奨励賞 和田 的 (陶芸)「太陽」 
第36回優秀賞 神谷紀雄 (陶芸)鉄絵銅彩葡萄文角鉢 
第36回地域賞 堀尾信夫 (諸工芸)華弁双池研
第35回優秀賞 中田一於 (陶芸)淡桜釉裏銀彩葉文鉢 
第35回奨励賞 山本 茜 (諸工芸)截金硝子花器「水鏡」 
第34回優秀賞 釜我敏子 (染織)型絵染着物「さがり花」
第33回優秀賞 岡田 裕 (陶芸)萩白釉大皿
第33回奨励賞 石田知史 (諸工芸)鋳込み硝子蓋物「四季爽風」 
第33回地域賞 名倉鳳山 (諸工芸)楕円硯「海爽」 


出展作家の一人、山本茜氏よりご案内いただいた、
截金硝子花器「水鏡」の作品解説をご紹介します。

0512_001-2


主催:文化庁、東京都教育委員会、NHK、朝日新聞社、(公社)日本工芸会 
協賛:(公財)アサヒグループ芸術文化財団、(公財)岡田茂吉芸術文化財団、
    (公財)五島美術館、パナソニック株式会社、(公財)ポーラ伝統文化振興財団
協力:マツダ株式会社、株式会社オープンドア、(一社)Eまちラボ

2018年09月11日

竹富町制施行70周年を記念して、竹富町の民族芸能を披露する公演が開催されます。

当公演には弊財団も協賛しており、島々の優れた民族芸能に親しんでいただける内容となっておりますので、是非お運びください。

 
Img_1285
 

日時:9月24日(月)16:30開場 17:00開演

場所:【東京】国立劇場 大劇場

全席自由 前売券 ¥3,500/当日券 ¥4,000

 

詳しくは下記ホームページをご覧ください。

https://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_l/2018/1996.html?lan=j

 

 

2018年09月10日

このたびの台風21号、および北海道の地震により

被災されました皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧を心よりお祈り申し上げます。

2018年08月08日

 平成30年度、第38回『伝統文化ポーラ賞』の受賞者を決定いたしました。
今年は優秀賞2件、奨励賞1件、地域賞5件、合計8件を表彰いたします。
 伝統文化ポーラ賞は、伝統文化の世界で活躍が期待できる個人や団体を顕彰し、
その取り組みを奨励するもので、昭和56年(1981)の第1回から今年で延べ312名の
受賞者の方が受賞されることになります。
 贈呈式は、10月23日(火)、グランドプリンスホテル高輪にて執り行う予定です。


◆伝統文化ポーラ賞 優秀賞

長板中形の制作                松原 伸生                      (千葉県)
人形浄瑠璃文楽人形の伝承・振興    三世 桐竹 勘十郎        (大阪府)
 

◆伝統文化ポーラ賞 奨励賞

木工芸の制作                                髙月 國光                   (岡山県)

◆伝統文化ポーラ賞 地域賞

<北海道・東北>
アットゥシ織の制作・伝承            貝澤 雪子                     (北海道)
 
<北陸・甲信越・東海>
夜高行燈と夜高祭の保存・継承        福野夜高保存会              (富山県)
 
<近畿>
漆生産技術の保存・伝承                  特定非営利活動法人 丹波漆  (京都府)
上方芸能の保存・振興             阪口 純久                                  (大阪府)


<九州・沖縄>
獅子浮立と唐子踊の保存・伝承      中尾獅子浮立と唐子踊保存会  (長崎県)

                                              ※ 敬称略

※過去の伝統文化ポーラ賞受賞者はこちら
https://www.polaculture.or.jp/promotion/year.html

平成30年度第38回伝統文化ポーラ賞リリースをダウンロード

 

 



  • ページトップへ戻る