文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

ここからコンテンツ情報

お知らせ

「お知らせ」では、ポーラ伝統文化振興財団の最新情報や顕彰・事業などポーラ賞関係者の展覧会・イベント情報をお伝えします。 既に終了した事業の報告は「伝統文化レポート」で、伝統文化を身近にお届けする読み物は「伝統文化通信」でお届けしますので、ぜひご覧下さいませ。

2021年11月04日

上映会トップ画像
2022年1月31日(月)、「野村万作から萬斎、裕基へ」 の完成記念上映会を行います。弊財団では、優れた無形の文化に関する記録映画を制作しております。 第50作目にあたる本作は、狂言の親子三代にわたる継承の記録を、皆様にお届けいたします。詳細は上映会お申し込みサイト (https://info168795.wixsite.com/traditionalculture50)をご覧下さい。

【第1回】

開場: 12:00~

上映: 12:30~

野村万作氏、萬斎氏、裕基氏による舞台挨拶: 13:20~

第1回お申し込みはこちら 11月20日(土)より開始

 

【第2回】

開場: 14:30~

野村万作氏、萬斎氏、裕基氏による舞台挨拶: 15:00~

上映: 15:20~

第2回お申し込みはこちら 11月20日(土)より開始

 

日程: 1月31日(月)

出演: 野村万作 野村萬斎 野村裕基

定員: 各会先着250名 (参加費無料)/ 全席自由 (入場無料)

会場:渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール

2021年10月11日

211011_新内先生、杵屋先生演奏会_アップ画像

記念展開催期間中、伝統文化ポーラ賞優秀賞・杵屋勝彦氏と奨励賞・新内多賀太夫氏の演奏会をすみだリバーサイドホール ミニシアターにて行います。皆様のお申込みをお待ちしております。

・お申し込み方法

参加の申し込みは2021年10月20日(水) 10:00より受け付けます。Eメール([email protected])までお申込みください。Eメールには次の内容をご記入の上、送信して下さい。1件につきご本人1名・同伴者1名、あわせて2名様までのお申し込みを受付いたします。

件名:「受賞者記念展 演奏会申し込み」

本文: 

1)参加ご希望の演奏会の番号 (①~④)

2)本人氏名、ふりがな

3)同伴者指名、ふりがな ※同伴者ありの場合

4)電話番号

※新型コロナウイルス感染症等、諸般の事情により、演奏会の中止や入場を制限する場合がございます。変更が生じた場合、こちらの公式ホームページ (https://info168795.wixsite.com/polaculture)にてお知らせいたします。

※車イスでお越しの方は場所の関係上、お申し込み時にご連絡をいただきますようお願い申し上げます。

2021年10月08日

12月4日~12月11日まで、本年度の受賞者に焦点を当てた「伝統文化ポーラ賞受賞者記念展『Birth それぞれの始まり』」を開催いたします。本記念展では、受賞者と伝統文化の出会いや継承の瞬間の背景にあるストーリーを、ご紹介させていただく予定です。ぜひとも会場に足をお運び下さい。

  • 日時:2021年12月4日(土)~12月11日(土)

      11時~20時(入場19時30分まで/最終日11時~15時(入場14時30分まで)

  • 会場:すみだリバーサイドホール ギャラリー

     「浅草駅」「本所吾妻橋駅」から徒歩5分

詳細は以下のチラシと記念展特設ホームページ (https://info168795.wixsite.com/polaculture)をご覧下さい。

211008_チラシ表

211008_チラシ裏

2021年09月15日

 

渋谷区文化総合センター大和田にて11月1日に、公開講座「古典藝能の名作」が開催されます。

本イベントには、第40回伝統文化ポーラ賞 優秀賞受賞者の山階彌右衛門氏が「高砂」についての講座とワークショップご出演されます。

山階氏はご自身の技を極めるだけではなく、日本唯一の能楽師育成機関である、国立能楽堂の能楽研修副主任講師を長年つとめており、多くの能楽師を育て、世に送り出されています。

ご興味のある方は下記チラシをご覧ください。

古典の日古典藝能の名作_omote
古典の日古典藝能の名作_ura

日時:11月1日(日)

   第一部 歌舞伎「寿曽我対面」 13:00開演

   出演・常磐津和英太夫ほか

   第二部 文楽「国性爺合戦」 15:30開演

   出演・鶴澤津賀寿ほか

   第三部 能楽「高砂」 18:30開演

   出演・山階彌右衛門ほか

   ※いずれも開演30分前より開場。公演時間は90分程度。

場所:【東京】渋谷区文化総合センター大和田 伝承ホール(6階)

全席指定

1講座(単独券):一般 800円 渋谷区民 500円

3講座(通し券):一般2,000円 渋谷区民1,200円

10月2日(土)10時チケット発売開始

【チケットお申込み】

渋谷区文化総合センター大和田(3F)ホール事務室

TEL:03-3464-3252(受付時間10:00-17:00)

 

詳しくはホームページをご覧ください。

https://www.shibu-cul.jp/

 

 

2021年08月17日

 

令和3年度、第41回『伝統文化ポーラ賞』の受賞者を決定いたしました。
今年は優秀賞2件、奨励賞2件、地域賞4件、合計8件を表彰いたします。
『伝統文化ポーラ賞』は、伝統工芸技術、伝統芸能、民俗芸能・行事など
無形の伝統文化の分野で貢献され、今後も活躍が期待できる個人や団体に対し、
更なる活躍と業績の向上を奨励することを目的としています。
昭和56年(1981)の第1回から今年で延べ336名の受賞者の方が受賞されることになります。

本年度は初めての試みとして、無形文化財の魅力をより多くの方に体感してもらえるよう、
本年度の受賞者に焦点を当てた受賞者記念展「BIRTH~それぞれのはじまり~」を
12月4日(土)から12月11日(土)まで「すみだリバーサイドホールギャラリー」にて開催いたします。
詳細は後日、改めて発表いたします。
弊財団は無形の伝統文化を次世代に継承すべき財産として、これからも永く支援を続けてまいります。

 

【令和3年度 第41回伝統文化ポーラ賞 受賞者】

第41回伝統文化ポーラ賞集合

◆伝統文化ポーラ賞 優秀賞

 武腰 潤
 (たけごし じゅん)
「色絵磁器の伝承・制作」 (石川県)
 杵屋 勝彦
 (きねや かつひこ)
「長唄の伝承・振興」 (東京都)

 

◆伝統文化ポーラ賞 奨励賞

 四代 田辺 竹雲斎
 (よんだい たなべ ちくうんさい)
「竹工芸の伝承・制作」 (大阪府)
 新内 多賀太夫
 (しんない たがたゆう)
「新内節の伝承・振興」 (東京都)

 

◆伝統文化ポーラ賞 地域賞

 浦川 太八
 (うらかわ たはち)
「アイヌ木工芸の伝承・制作」 (北海道)
 秋保の田植踊保存会
 (あきうのたうえおどりほぞんかい)
「田植踊の保存・伝承」 (宮城県)
 瀬戸本業窯
 (せとほんぎょうがま)
「瀬戸焼の制作・伝承」 (愛知県)
 犬飼農村舞台保存会
 (いぬがいのうそんぶたいほぞんかい)
「襖からくりと地芝居の保存・伝承」 (徳島県)

                              以上 ※敬称略

※過去の伝統文化ポーラ賞受賞者はこちら
http://www.polaculture.or.jp/promotion/year.html

第41回伝統文化ポーラ賞 リリースをダウンロード


ここからサブコンテンツメニュー


  • ページトップへ戻る