文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

ここからコンテンツ情報

お知らせ

2017年09月22日

「第24回 沖縄工芸ふれあい広場」が東京都東銀座の、時事通信ホールで行われています。

これまでの、公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団の伝統文化ポーラ賞をご受賞された方々が展示を行われます。

23日(土)16時からは、今年度のご受賞団体である琉球絣協同組合から、城間理事長と野原前理事長が「美しいキモノアカデミーin沖縄工芸ふれあい広場『南風原花織について』」というトークショーも行われます。

南風原花織は、第37回伝統文化ポーラ賞の受賞が決定している他、今年1月に経済産業大臣指定の伝統的工芸品に指定されました。

トークショーは、伝産指定を受けるまでの経緯や今後の組合の取り組みなどについても伺うことができます。

三線の演奏会や、体験ワークショップも開催され、芸術の秋を彩るのに相応しい催しが展開されます。

是非、会場に足を運ばれてはいかがでしょうか。

 

第24回 沖縄工芸ふれあい広場

会場:時事通信ホール

平成29年9月22日(金)~9月24日(金)10時~18時(最終日は17時まで)

入場無料

URL:http://okinawakougei.com/

 

 

 

2017年09月21日

 9月20日(水)から10月2日(月)まで、日本橋三越本店で、第64回日本伝統工芸展が開催
されています。
 日本伝統工芸展は、国内最大級の工芸公募展で、陶芸・染織・漆芸・金工・木竹工・人形・
諸工芸の7部門に分かれて、毎年作品を募集しているものです。このたび、その東京都知事賞
に、伝統文化ポーラ賞奨励賞の受賞が決まったばかりの和田的先生が選ばれました。23日(土)
には受賞記念の作品解説が行われます。
 なお、本展には弊財団も協賛しており、これまでに伝統文化ポーラ賞を受賞された先生方の作
品を数多くご覧いただくことができます。特別展示でも、弊財団の評議員の佐々木苑子先生の
染織「紬織」が特集されています。
 また、連日ギャラリートークも行われており、例えば、11月に公開予定の記録映画にご出演い
ただいた蒔絵の重要無形文化財保持者、室瀬和美先生のお話を聞くことができます。
 文化芸術の秋、日本の伝統工芸を代表する先生方の作品にふれ、日本の伝統文化の奥深さ、
卓越した手わざによる美の世界を感じてみてはいかがでしょうか。

3800_001













 

 




■ 第64回 日本伝統工芸展
会場: 日本橋三越本店 本館・新館7階ギャラリー(入場無料)
会期: 9月20日(水)~10月2日(月)
          午前10時30分~午後7時30分(最終日は午後6時まで)
詳細はこちら
日本橋三越本店アクセスはこちら

■ ご覧いただける伝統文化ポーラ賞受賞者の作品
(※ここでは過去5年間の受賞者までご紹介させていただきます。 ※敬称略)
第37回優秀賞 前田正博 (陶芸)色絵洋彩鉢 
第37回奨励賞 和田 的 (陶芸)白器「ダイ/台」 
          ※東京都知事賞
第36回優秀賞 神谷紀雄 (陶芸)鉄絵銅彩秋海棠文陶匣 
第36回地域賞 堀尾信夫 (諸工芸)蓮華弁研 
第35回優秀賞 中田一於 (陶芸)黒地白銀釉裏金銀彩鉢 
第35回奨励賞 山本 茜 (諸工芸)截金硝子蓋物「掬月」 
第33回優秀賞 岡田 裕 (陶芸)萩炎彩鉢 
第33回地域賞 名倉鳳山 (諸工芸)鐸陵硯「墨影」 
第32回優秀賞 山下義人 (漆芸)入道雲蒟醬色紙箱
第32回奨励賞 鈴木 徹 (陶芸)緑釉花器 
第32回地域賞 新里玲子 (染織)上布着尺「緑の風」 
第31回優秀賞 中村信喬 (人形)陶彫彩色「流星」 

■ ギャラリートーク(各日午後12時30分~ ※敬称略)
9月23日(土) 和田的
9月25日(月) 室瀬和美

山本茜さん









出展作家の一人、山本茜先生よりご案内いただいた、
截金硝子蓋物「掬月」(きりかねがらすふたもの「きくげつ」)の作品解説をご紹介します。

主催:文化庁、東京都教育委員会、NHK、朝日新聞社、(公社)日本工芸会 
協賛:(公財)アサヒグループ芸術文化財団、(公財)岡田茂吉芸術文化財団、(公財)五島美術館、
    パナソニック株式会社、(公財)ポーラ伝統文化振興財団
協力:マツダ株式会社、株式会社オープンドア

2017年09月13日

【お知らせ】10/14(土)映画上映会・講演会 in 國學院大學(渋谷キャンパス)

当財団では、國學院大學と共催で一般の方向けの公開講座を開催しています。
今年度3回目となる10月14日(土)の回では、森林生態学・植生学がご専門の原正利先生による
ご講演とともに、記録映画「木の生命よみがえる-川北良造の木工芸-」を上映します。

ぜひ國學院大學においでになり、木や杜とともにある日本人の暮らしや文化につ
いて、思いを馳せてはいかがでしょうか。
学生から一般の方まで、申込み不要、入場無料ですので、ぜひご来場ください。

-----------------------------------------------------------------------------------

平成29年度 第3回 映画上映会・講演会「人・社・祭―文化風土の記録」 

-----------------------------------------------------------------------------------
  3763_001
 



 















10月14日映画上映会・講演会のご案内をダウンロード

日 時: 10月14日(土)14:00開演(開場13:30)-16:30
会 場: 國學院大學 渋谷キャンパス 2号館1階2104教室 アクセス
             ※参加無料 定員150名(申込不要)    

講 演:「ブナと社叢 ―東日本太平洋側を例として―」
講 師: 原 正利氏 (社叢学会理事)

上 映:「木の生命よみがえる-川北良造の木工芸-」
     (公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団、1997年制作、34分)

[司会]  茂木 栄氏(社叢学会理事 國學院大學教授) 


共催 公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団
    國學院大學環境教育研究プロジェクト・共存学プロジェクト
    NPO法人社叢学会

平成29年度 映画上映会・講演会のご案内をダウンロード
 

2017年09月07日

9月10日(日)、フジテレビ『27時間テレビ にほんのれきし』で、
当財団の記録映画「世阿弥の能」より、幻想的な能の魅力あふれる舞台映像が放送されます。

今回の『27時間テレビ』は、日本の歴史がテーマということで、
室町時代に誕生した能の魅力を伝えるプログラムの中で、
映画「世阿弥の能」におさめられた世阿弥の代表的な演目の舞台映像が紹介されます。

ぜひ、この機会に番組をご覧いただき、日本の伝統文化、
能の魅力にふれてみてはいかがでしょうか。 


■番組名:『FNS27時間テレビ にほんのれきし』(フジテレビ)
放送日:9月9日(土)18:30~9月10日(日)21:24
http://www.fujitv.co.jp/27h/

なお、記録映画「世阿弥の能」映像は、
10日(日)04:55~06:30(予定)の『ニッポン道 室町ックJAPAN!』でご覧いただけます。

■『ニッポン道 室町ックJAPAN!』について:
室町時代に生まれた文化、伝統の素晴らしさを外国人が熱く日本人に伝えます!
現代日本人が忘れている価値観、美意識、考え方を再発見!日本人以上に日本の文化を
愛する外国人による歴史講座です。


※記録映画「世阿弥の能」詳細はこちら
※記録映画の無料貸出はこちら

2017年08月22日

【11/1公演協力】2017伝承ホール寺子屋 古典の日スペシャル「やしょめ寄席」 (渋谷区)
3715_001




















日時:  2017年 11月1 日(水)
           午後 7 時 00分開演(午後6時30分開場)
場所: 文化総合セ ンター大和田 6階 伝承ホール
出演:  物真似/江戸屋まねき猫、落語/柳亭こみち(トリ)、太神楽/鏡味味千代、講談/一龍斎貞鏡 
司会進行: 鈴木英一(伝承ホール寺子屋プロデューサー)
費用: 全席指定:2,500 [税込]
申込み: 9/1(金)10:00より渋谷文化総合センター大和田(3F)ホール事務室
             チケットぴあ(Pコード480-315)にて販売開始
※渋谷区民先行優待販売あり
 全席指定: 1,000円 [税込] 8/11(金祝)から窓口直接販売
         なくなり次第販売終了。区内在住、在勤、在学を証明できるものを持参。
問合せ 文化総合センター大和田3階ホール事務室
      TEL.03-3464-3252(10:00~19:00)

※公式ページはこちら
※チラシリンクはこちら



  • ページトップへ戻る