文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

ここからコンテンツ情報

お知らせ

2017年01月18日

【お知らせ】雨宮弥太郎 硯展(日本橋三越本店)

 江戸時代元禄年間、初代の雨宮孫右衛門が富士川支流の早川で拾った流石を用いて、
硯を作ったことから始まったとされる雨畑硯(あめはたすずり)。その13代目、雨宮弥太郎さん
は、大学にて彫刻を学んで造形的な石彫作品を制作、現在は精神性のある現代彫刻とし
ての硯を追求されています。
 本展では使い易いシンプルな形に立ち返る事をテーマに硯や筆置、墨床として使えるミニ
木彫オブジェなどの新作が展示されます。伝統的な素材・技術を受け継ぎ、そこに新しい造
形感覚を盛り込む雨宮さんの硯作品。ぜひご高覧くださいますよう、ご案内申し上げます。

■ 雨宮弥太郎 硯展
3308_001

会期: 1月25日(水)~1月31日(火)
          午前10時30分~午後7時30分(最終日は午後5時まで)
会場: 日本橋三越本店 本館6階 美術サロン(入場無料) 
          アクセス
* ギャラリートーク: 1月28日(土)午後2時~

※雨宮弥太郎さんは、第27回伝統文化ポーラ賞奨励賞受賞者(平成19年)です。
http://www.polaculture.or.jp/promotion/year.html

※雨宮弥太郎さんプロフィール(甲斐雨端硯本舗ホームページ)
http://www.amehatasuzurihonpo.com/gallery/career3.html

※2013年掲載【和をつなぐメッセージ】第6回 雨宮弥太郎さん(硯作家)
http://polaculture.weblogs.jp/blog/2013/07/wawotsunagu-6.html

2016年12月21日

【お知らせ】 3/13開催「MOVIE+TOUCH&TALK PART7 -映画上映+作品鑑賞」

平成29年3月13日(月)に、東京国立近代美術館工芸館と共催で、
「MOVIE+TOUCH&TALK-映画上映+作品鑑賞 Part7」を開催いたします。

今回、ご覧いただくのは工芸館の所蔵作品展「動物集合」です。特に同展に展示されている
藤本能道の陶芸作品について、弊財団の記録映画「藤本能道の色絵磁器-釉描加彩-」
の鑑賞と、工芸館ガイドスタッフによる会場トーク、実際に作品や資料に触れる〈さわってみ
よう コーナー〉を通して、ケース越しでは味わえない素材や技法の魅力、作家の考え方に
せまります。
本イベントは7回目の開催になりますが、毎回大勢の方にご応募いただいている人気企画
ですので、下記の申込み方法をご参照の上、ぜひこの機会にご参加くださいませ。

共催: 東京国立近代美術館工芸館
         公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団

MOVIE+TOUCHTALK PART7 映画上映作品鑑賞
3243_001
MOVIE+TOUCH&TALK PART7-映画上映+作品鑑賞-をダウンロード

■お申込み方法
下記①~⑦の項目を明記の上、Eメールまたはハガキにてお申し込みください。
<Eメール> info@polaculture.or.jp
         件名に「3/13イベント申し込み」として送信下さい。 
<ハガキ>  〒141-0031 東京都品川区西五反田2-2-10 ポーラ第2五反田ビル
         「公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団」 宛
         裏面冒頭に「3/13イベント申し込み」とご記載下さい。
【記入項目】  ①代表者氏名(ふりがな) ②郵便番号、住所 ③年齢 ④職業 ⑤電話番号
         ⑥参加人数 ※2名まで   ⑦参加者氏名(ふりがな)、年齢

<応募締切> 平成29年2月6日(月) 必着 応募多数の場合は抽選とさせて頂きます。
          当選者のみ2月15日(水)までにハガキで通知いたします。
          なお、ご提供いただいた個人情報は、抽選発表の目的以外で利用することはありません。

■お問合せ: 公益財団法人 ポーラ伝統文化振興財団
         TEL: 03-3494-7653 [午前10時~午後5時(土日祝除く)] 
         Eメール: info@polaculture.or.jp

2016年12月21日

【お知らせ】「第二回菊池寛実賞 工芸の現在」展に山本茜さん作品展示

截金ガラス作家としてご活躍の山本茜さんの作品展示、アーティスト・トークのお知らせがございます。

■菊池寛実記念 智美術館「第二回菊池寛実賞 工芸の現在」(東京)
本展は、工芸分野で活躍する作家を、陶磁、金工、ガラス、竹工、截金ガラスから12名ご紹介し、新作
から近作まで約60点を展示するものです。そのうち山本さんの截金ガラス作品は、「源氏物語」シリーズ
より4点《第十帖「賢木」(別れのお櫛)ほか》、その他「風神雷神」、「春の旋律」が出展されます。
また、3月11日(土)には、山本さんが作品や制作秘話をお話するアーティスト・トークがございますので、
この機会をとらえて、工芸に新たな表現分野を拓いた山本さんの創作世界にふれてください。

  3255_002



















会   期: 2016年12月17日(土)~2017年3月20日(月・祝)
            午前11時~午後6時 ※入館は午後5時30分まで
            ※休館日 月曜(ただし1月2日、1月9日、3月20日は開館)、
             1月3日(火)、1月10日(火)、年末年始12月28日~1月1日   
会   場: 菊池寛実記念 智美術館(東京都港区虎ノ門4-1-35西久保ビル)
観覧料: 一般1000円、大学生800円、小中高生500円
主   催: 公益財団法人菊池美術財団、日本経済新聞社
展示詳細: http://www.musee-tomo.or.jp/exhibition.html

■アーティスト・トーク ※予約不要・観覧料のみ
3月11日(土)午後3時~ 植松竹邑(竹工)&山本茜(截金ガラス)


※山本茜さんは、第35回伝統文化ポーラ賞奨励賞受賞者(平成27年)です。
http://www.polaculture.or.jp/promotion/thickbox/parson_data35_03.html?sc=_map

※山本茜さんのホームページ http://akane-glass.com/

2016年12月19日

【お知らせ】12/21より開催、作陶40年 宗像窯八代 宗像利浩展(大阪タカシマヤ)

第36回伝統文化ポーラ賞地域賞を受賞された宗像利浩先生の作陶40年を記念する個展が
12月21日(水)より大阪タカシマヤにて開催されます。
本展に先立って開催された日本橋髙島屋での個展は、代表作の利鉢(としばち)から、震災
を機に作りはじめた柿の蔕(へた)茶碗、禾目壷(のぎめつぼ)といった新作まで、宗像先生
の作品世界を堪能させる展示でした。
その個展が、このたび大阪タカシマヤでもお披露目となりますので、ぜひこの機会にお出かけ
ください。

■ 作陶40年 宗像窯八代 宗像利浩展(大阪タカシマヤ)
Munakata00











会   期:  2016年12月21日(水)~31日(土) 
                 ※最終日は午後3時閉場。
会   場:  大阪タカシマヤ 6階美術画廊 アクセス
 
※宗像利浩先生は、第36回伝統文化ポーラ賞地域賞受賞者(平成28年)です。
http://www.polaculture.or.jp/promotion/current.html
※宗像窯公式ページはこちら
http://www.munakatagama.net/index.html

2016年11月29日

保存記録作成事業について

 人間国宝の卓越したわざ、各地域に伝承されてきた民俗芸能・行事は時代を超えて私たちに語りかけてきます。ポーラ伝統文化振興財団では、このような優れた無形の伝統文化を「伝統工芸の名匠」「伝統芸能の粋」「民俗芸能の心」シリーズとして記録映画を制作し、各界から高い評価をいただいています。現在まで48作品の記録映画を制作してまいりました。

 

「蒔絵 室瀬和美 時を超える美の世界(仮題)」クランク・イン

意匠のためのスケッチ 漆かき
意匠のためのスケッチ 漆かき

 

 平成28年秋に、記録映画「蒔絵 室瀬和美 時を超える美の世界(仮題)」がクランク・インしました。
蒔絵は漆で下絵を描き、金粉、銀粉等の金属粉を蒔きつけて光り輝く文様を表す漆芸の加飾技法のなかでも代表的な技法です。
 現代に生きる蒔絵を創作し続けている漆芸作家・室瀬和美氏。当財団では重要無形文化財「蒔絵」保持者の新たな伝統を作り出す姿を1年半かけて丁寧に記録していきます。
 本記録映画では、氏の文化財修復による作品の古典研究から得た豊富な知識を有し、芸術性豊かで気品と風格をそなえた作品の源泉となる背景や日本の漆の文化的価値を国内外へ積極的に発信する姿を追い、その目指す道の先に見えるものは何かについて描いていきます。
 本記録映画は、平成29年秋の完成を目指して撮影を進めています。



  • ページトップへ戻る