文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

ここからコンテンツ情報

お知らせ

2018年11月30日

 平成31年元日より、そごう美術館で行われます「URUSHI 伝統と革新」展に、弊財団
所蔵作品を出展します。

 本展示は先に石川県立美術館で行われ、このたびのそごう美術館での展示を経て、
来春にはMOA美術館での開催を控える巡回展です。「日本伝統漆芸展第35回記念」
として全国3か所で行われる展示が、いよいよ新たな年を期して、横浜の会場で開幕
します。
 いずれも人間国宝による弊財団所蔵作品5点が展示されるとともに、会場で弊財団
企画・制作の記録映画も上映されます。

 この機会にぜひ貴重な作品を間近にご覧いただきながら、記録映画を通して、作品
の制作過程にも思いを馳せていただければと存じます。

0731_001

「URUSHI 伝統と革新」展

日時:平成31年1月1日(火・祝)~1月27日(日) ※1月8日(火)休館
    午前10時~午後8時(入館は閉館の30分前まで)

会場:そごう美術館(横浜駅東口、そごう横浜店6階)
    ⇒会場までのアクセスはこちら

入館料:大人1,200円、大学・高校生1,000円、中学生以下無料
     ※前売券などの詳細は、公式HPをご覧ください。
     ⇒公式HPはこちら

 

【弊財団出展作品】
・赤地友哉「曲輪造毯形洗朱喰篭」昭和55年(1980)
・塩多慶四郎「乾漆蓋物「想」」平成4年(1992)頃
・田口善国「王蜂蒔絵飾箱」平成5年
・大場松魚「平文彩道箱」平成6年頃
・室瀬和美「蒔絵螺鈿丸筥「秋奏」」平成29年

【会場で上映される記録映画】
・『磯井正美のわざ―蒟醤の美―』(1992年/㈱日経映像製作/監督:黒崎洋一/40分)
・『変幻自在―田口善国・蒔絵の美―』(1993年/㈱日経映像製作/監督:黒崎洋一/36分)
・『うつわに託す―大西勲の髹漆―』(2009年/㈱大峠プロダクション製作/監督:井上実/35分)
・『蒔絵 室瀬和美 時を超える美』(2017年/㈱毎日映画社製作/監督:柿沼智史/39分)

弊財団の収蔵品ギャラリーはこちら
伝統文化記録映画はこちら



  • ページトップへ戻る