文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

ここからコンテンツ情報

お知らせ

2018年06月06日

公益財団法人ポーラ伝統文化振興財団と神田外語大学日本研究所の共催で、6月20日にワークショップ「次世代に伝統文化を引き継ぐための方法論~伝統文化の利活用を考える~」を開催いたします。
これは、神田外語大学の大非常勤講師で、ヒストリーデザインの代表でもある久保健治講師が行う授業に、ポーラ伝統文化振興財団の制作した日本の伝統文化・芸能に関するノンフィクション映画を活用し、学生たちに日本の伝統文化を地域の活性化にどの様に繋げていけるかを提案してもらうというものです。

今回取り上げる映画は、「みちのくの鬼たち-鬼剣舞の里-」という岩手県北上川流域に広く分布する鬼剣舞を取り上げた映画です。(http://www.polaculture.or.jp/movie/list3.html

 【日 時】 6 月20 日(水)14:50~18:00
【場 所】 神田外語大学2 号館2 階 2-201 教室
【講 師】 小岩秀太郎(益社団法人全日本郷土芸能協会理事/縦糸横糸合同会社代表)、土田宏成(神田外語大学日本研究所長)
【進 行】 久保健治(神田外語大学非常勤講師・株式会社ヒストリーデザイン代表)
【対 象】 神田外語大学学生・留学生
【使用教材】記録映画「みちのくの鬼たち-鬼剣舞の里-」
【内 容】
1.ポーラ伝統文化振興財団制作 記録映画「みちのくの鬼たちー鬼剣舞の里」を視聴
2.学生による観光商品化するためのアイデアを出すワークショップを実施

本件に関する報道関係の方の問い合わせ先
学校法人佐野学園 法人本部広報部 担当:関根
TEL: 03-3258-5837(月~土9:00~17:00)
FAX: 03-5298-4123
E-mail: media@kandagaigo.ac.jp

 

ポーラ伝統文化振興財団は、次世代への伝統文化の普及にこれからも力を尽くしてゆきます。

 



  • ページトップへ戻る