文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

ここからコンテンツ情報

バックナンバー

2018年08月08日

 平成30年度、第38回『伝統文化ポーラ賞』の受賞者を決定いたしました。
今年は優秀賞2件、奨励賞1件、地域賞5件、合計8件を表彰いたします。
 伝統文化ポーラ賞は、伝統文化の世界で活躍が期待できる個人や団体を顕彰し、
その取り組みを奨励するもので、昭和56年(1981)の第1回から今年で延べ312名の
受賞者の方が受賞されることになります。
 贈呈式は、10月23日(火)、グランドプリンスホテル高輪にて執り行う予定です。


◆伝統文化ポーラ賞 優秀賞

長板中形の制作                松原 伸生                      (千葉県)
人形浄瑠璃文楽人形の伝承・振興    三世 桐竹 勘十郎        (大阪府)
 

◆伝統文化ポーラ賞 奨励賞

木工芸の制作                                髙月 國光                   (岡山県)

◆伝統文化ポーラ賞 地域賞

<北海道・東北>
アットゥシ織の制作・伝承            貝澤 雪子                     (北海道)
 
<北陸・甲信越・東海>
夜高行燈と夜高祭の保存・継承        福野夜高保存会              (富山県)
 
<近畿>
漆生産技術の保存・伝承                  特定非営利活動法人 丹波漆  (京都府)
上方芸能の保存・振興             阪口 純久                                  (大阪府)


<九州・沖縄>
獅子浮立と唐子踊の保存・伝承      中尾獅子浮立と唐子踊保存会  (長崎県)

                                              ※ 敬称略

※過去の伝統文化ポーラ賞受賞者はこちら
https://www.polaculture.or.jp/promotion/year.html

平成30年度第38回伝統文化ポーラ賞リリースをダウンロード

 

 

2018年08月06日

            夏季休業のお知らせ

拝啓 時下ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。

 平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

 さて、弊財団は8月13日(月)~8月16日(木)まで夏季休業とさせていただきます。
 
お客様にはご不便をおかけ致しますが、ご容赦くださいますようお願い申し上げます。

 今後とも変わらぬご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。 
                                                  敬具




  • ページトップへ戻る