文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

ここからコンテンツ情報

バックナンバー

2015年10月30日

第35回伝統文化ポーラ賞贈呈式 開催報告

 

去る平成27年10月27日(火)、第35回伝統文化ポーラ賞贈呈式をANAインターコンチネンタルホテル東京にて執り行いました。

 

今年は、全国から選ばれた優秀賞2件、奨励賞1件、地域賞5件の合計8件が受賞されました。

DSC_6490
写真:受賞者のみなさん

 

第1部の贈呈式では、弊財団小西尚子理事長の主催者挨拶、三隅治雄選考委員長による選考経過報告に続いて、受賞者紹介の映像上映と賞贈呈、受賞者を代表して佐藤太圭子さんにご挨拶をいただきました。

DSC_6507
写真:小西理事長より賞贈呈

_C2C3324
写真:受賞者を代表してご挨拶する佐藤太圭子さん

 

第2部の受賞記念の催しでは、芸能部門受賞者の実演をご覧いただきました。

 

冨田人形浄瑠璃の保存・伝承で地域賞(近畿ブロック)を受賞された冨田人形共遊団による演技披露、琉球舞踊の伝承・創作で優秀賞を受賞された佐藤太圭子さんの演技披露にて、華やかな舞台となりました。

  DSC_6724 _C2C3365

 

写真:冨田人形共遊団による冨田人形浄瑠璃「三番叟(鈴の段)」の演技披露

_C2C3421 DSC_6772

 

写真:琉球舞踊 古典女踊り「天川」を披露する佐藤太圭子さん

 

また会場に設けられた展示コーナーでは、工芸部門受賞者の作品等が展示され、多くの列席者の皆様に鑑賞いただきました。

 

なお受賞者の詳細につきましては、以下のページをご覧ください。

http://www.polaculture.or.jp/promotion/current.html

 

以上

2015年10月08日

【決定】平成27年度 ポーラ伝統文化振興財団 助成先決定

 当財団では伝統工芸技術、伝統芸能、民俗芸能及び行事など、
日本の無形の伝統文化財の記録や研究、保存・伝承活動において、
有効な成果が期待できる事業に対し補助的な援助を行っております。
 平成27年度の助成先が下記の通り、5件決定致しました。

1. 日本の木綿絣辞典の出版事業 
(鳥取県倉吉市   福井 貞子(染織工芸家))

2. 紙すき備品購入並びに後継者育成 
(兵庫県佐用町   皆田和紙保存会)

3. 滋賀県選択無形民俗文化財「古高鼓踊り」の継承事業
 (滋賀県守山市   古高鼓踊保存会)

4. 宮崎県下に残る里神楽の中の「鵜戸舞」の記録・保存
(宮崎県宮崎市   吉岡 けい子)

5. 石鳩岡神楽 権現様・衣装等更新事業
(岩手県花巻市   早池峰岳流石鳩岡神楽保存会)

事業内容についてはこちら↓
http://www.polaculture.or.jp/promotion/jyoseipast.html

日本には先人が残したすばらしい文化遺産が数多くあります。
日本人の英知と感性から生れた世界に誇る伝統文化は、一度失ったら
再び取り戻すことが困難なもので、大切に受け継がれていかなければなりません。
当財団は、助成を通じてささやかながら貢献させて頂ければと思っております。

過去の助成先はこちら↓
http://www.polaculture.or.jp/promotion/jyoseipast.html

                                                            以上

2015年10月02日

「人・社・祭―文化風土の記録」 講演会のご案内

 

日 時:10月3日(土)14:00開演(開場13:30)

会 場:國學院大學 渋谷キャンパス 2号館1階2103教室
     (※開場のアクセス、地図は下記をご覧ください)

入 場:参加無料 定員100名(申込不要)

 

★プログラム★                        

講 演 テーマ  「木々も命あり―山川草木悉皆成仏―」

講 師        佐 野  賢 治 (神奈川大学教授)

司 会        茂 木 栄 (國學院大學教授・社叢学会理事)

 

詳細はこちら⇒ h271003chirashiをダウンロード




  • ページトップへ戻る