文字サイズ

  • 大
  • 中
  • 小

ここからコンテンツ情報

バックナンバー

2013年12月24日

 

【企画展ご案内】東京国立博物館平成館

「日本伝統工芸展60回記念 人間国宝展 ―生み出された美、伝えゆくわざ―」開催のご案内

 

Ningenkokuhoten_01 Ningenkokuhoten_02

 

日本伝統工芸展は、優れた工芸技術の保護育成を目的に昭和29年より開催されており、今年で第60回を迎えました。

 

陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形、諸工芸の各分野で多くの人間国宝(重要無形文化財の保持者)を育ててきた「日本伝統工芸展」の60回記念として、東京国立博物館 平成館で「人間国宝展」が開催されます。

 

みどころは、次のとおりです。

1 人間国宝 VS 古典の名宝

2 日本工芸の名品

3 人間国宝の作品を網羅

 

当財団からは、収蔵品の田口善国作「王蜂蒔絵飾箱」が出品されます。

また、伝統文化ポーラ賞受賞者で人間国宝になられた作家、当財団制作の記録映画出演者(人間国宝)の方々の作品も展示されます。

 

伝統と現代とのつながりを見る、これまでにない画期的な展覧会です。

是非ご鑑賞ください。

 

◆会期:平成26(2014)年1月15日(水)~2月23日(日)

     ※月曜日休館

◆会場:東京国立博物館 平成館 特別展示室第3・4室

◆開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は閉館の30分前まで)

◆観覧料:一般1,000円(800円)

       大学生800円(600円)

       高校生600円(400円)

       中学生以下無料

      ※( )内は20名以上の団体料金

      ※障がい者とその介護者1名は無料(入館の際に障がい者手帳などをご提示ください。)

 

◆公式ホームページ

  http://www.nichibisai.jp

◆お問合せ

03-5777-8600(ハローダイヤル)

 

 

【iida】

2013年12月24日

中村信喬展-祈りより生まれたひとがた-

 

人形師・中村信喬氏が長年追い続けてきた天正遺欧少年使節シリーズや、これまでに日本伝統工芸展に発表した作品、古典技法を用いた作品の中から選りすぐりをご紹介する、日本橋三越で初めての個展です。

ぜひ、お運びください。

 

Typepad_131218

 

◆会期:平成25年12月25日(水)~平成26年1月7日(火)

     ※最終日は午後4時にて閉場

◆会場:日本橋三越本店 本館6階 美術特選画廊・アートスクエア

 

◆個展情報詳細(人形師・中村信喬オフィシャルサイト)はこちら

http://www.shinkyo-nakamura.jp/info.html

 

◎  中村信喬さんは、第31回伝統文化ポーラ賞優秀賞受賞者(平成23年)です。

  http://www.polaculture.or.jp/promotion/year.html

◎  中村信喬さんの「和をつなぐメッセージ」はこちら

  http://polaculture.weblogs.jp/blog/2013/01/wawotsunagu-4.html

 




  • ページトップへ戻る